本の棚



アラスカの孤立した一軒家の本を読んで、こんな離れた生活をバーチャルではじめられたらな、とサイトを開始。
そんなところで困りそうなのは、生活の便利さと図書館のなさ。

現実の住処にも日本語の図書館がない。
だから洋書も読むけれど、日本語が手に入るとジャンルを問わず先に読んでしまうもの。
だって読みやすいんだもん。

海外から通信販売で本を買うということ 2等 ちょっといっちゃっている人たちの話
    






自己紹介

名前: Kei M
年齢: もう折り返し点をすぎたのだから、
好きなことやりたいことは全部やっておこうと思う年。

性格: 多読速読にあこがれる一方、
一冊一冊との出会いも大切にしていきたいと思うわがまま者

頭の中はこんなもの

他己紹介
キッズ
性格:: 異種
子供は社会からの預かり物。



日仏英翻訳

連絡先:

2003年2月20日生まれ



HOME 本の棚