ジーン・ウエブスター(Jean WEBSTER) 著

あしながおじさん (Daddy-Long-Legs)
続あしながおじさん (Dear Enemy)

Daddy Long Legs あしながおじさん(1912)

身寄りのない子がひしめく養護施設で十八年間育ったジュディは、評議員のひとりから奨学金をもらって「物書き」になるため女子大に進むことになる。条件は評議員の身元を詮索しないこと、文章の練習のために月に一回一方通行の、返事を待たない手紙を書くこと。奨学金の礼状ではない。大学のこと、身の回りのことを評議員の秘書経由で、ジョン・スミス氏に書き綴りこと。
しかし、ジョン・スミスなどといういかにもという仮名を使った人に向かって一体何を書けというのか。
ジュディは評議員に足ながおじさんと名づけて、大学生活、寮生活、施設のことなどつづることにした。

初めての外での生活、大学、新しい仲間、夏の農場、普通の女の子としてジュディは暮らし始める。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

初めて読んだのは小学三年生。
夏のキャンプが異様においしそうだった印象があります。
そんなガキが読んで、この名作の何がわかったのでしょう。
この本は、もう少し物がわかるようになってから読めばよかったと悔やまれます。
かといって、そしたら何歳くらいなんだと言われても返答に困るのですが。
このトシで読み返して、おいしい場面なんかを作っているくらいだから。

Dear Enemy 続あしながおじさん (1912)

ジュディとその夫から依頼されて、大学以来の友人サリーはジュディの古巣の養護施設で院長を勤めることになった。
「あなたたち正気なの、早く適任者を見つけて私のこの任を解いて!!」と訴えるサリー。

新任の主治医は「子どもにとって養護施設なんて最悪だ」ととうとうと説き、旧職員伝統を守ろうとする。コックはコックで「水曜の夜はここではコーンミール・マッシュを食べることになっているんだ」と主張し、子どもは子どもで雪が積もった日に外に出すと「あの院長、僕らを追い出しやがって。早く入れてくれぃ」と立ち尽くすして雪投げのひとつもしやしない。
なにはさておいて、サリーは子どものひっつめ髪をどうにかしたい。
こんな施設でサリーは一体やっていけるんでしょうか。
婚約者にとってはそんな仕事、早くやめて欲しくて気が気ではない模様。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

温かい家庭に育って大学に行き、就職した普通の女の子だったサリーが何の因果か「あしながおじさん」の話の中で悪名高いリペット院長の後釜に座り、見かけも中身もどうしようもない施設を建てなおそうとする話。

中に出てくる教育論にはいくつか納得のいかないものがありますが、これが当時の意見もしくは著者の意見なんでしょう。
それを除けばこの話、大好きです。
養護施設のジョン・グリア院が変化するさまは、まるでプリティ・ウーマンのよう!?
クライマックスの辺りはお決まりとも言えるけれど、いつ読んでも泣いてしまう。

おいしい場面、作成中(今のところただの食べ物リストです)。

HOME 本の棚